企業インタビュー

アクセルマーク株式会社

インタビュー日時:2018/10/17

「「“楽しい”で世界をつなぐ」をミッションにブロックチェーン領域にも参入したアクセルマーク!」

アクセルマーク株式会社は「“楽しい”で世界をつなぐ」をミッションにスマートデバイス向けの「ゲーム・広告事業」、体験を軸としたファン向けサービスを展開する「and Experience事業」に加えて、2018年には新たにブロックチェーン領域へも参入しました。

  • アクセルマーク株式会社はどんな企業ですか?

    写真左:人事マネージャー ケンさん
    写真右:エンジニアマネージャー ジェイさん

    アクセルマークでは「“楽しい”で世界をつなぐ」をミッションに掲げ、主にスマートデバイス向けにゲーム、広告の分野でサービスを提供しています。常に「変化」に対応して新たな取り組みを続けています。直近の「変化」で言えば仮想通貨及びブロックチェーン技術への注目が挙げられます。これらの「変化」に対して、当社はDApp領域に着目し、情報紹介メディア「Blockchain Game info」をスタートさせたり、独自のブロックチェーンゲームである「コントラクトサーヴァント」の開発を進めたりするなど、積極的に挑戦しています。

    また、既存事業内においても、複数の新規ゲーム開発プロジェクトを立ち上げや、運用型広告の運用代行サービスを開始しました。2017年には、体験を軸としたファン向けサービスを展開する「and Experience事業」も立ち上げています。

  • アクセルマーク株式会社で学べることや働きがいとは?

    IT業界は常に変動しており、新たな情報、技術、製品が生まれては、次々と過去のモノになっていきます。このような変化に順応するために、アクセルマークは、「変わり続ける」組織であることを大切にしています。

    組織づくりとしては、新たな情報や技術を積極的にキャッチし、メンバー一人ひとりが「挑戦」できる機会を多く設けています。例えばキャリア形成やスキル面の成長を促す取組みとして、目標を立てて自己研鑽を奨励する仕組みや、技術者同士の勉強会の開催などが挙げられます。実績に加えてチャレンジする気持ちがあれば、年齢など関係なしにチャンスを手にできる環境は働きがいに繋がっていると思います。

    また、一人ひとりが別の方向を向くのではなく、良いサービスを作るために一丸となって仕事を進める風土も醸成されています。

  • アクセルマーク株式会社の今後のビジョンは?

    ブロックチェーン領域にフォーカスして言えば、直近だと「Blockchain Game info」や「コントラクトサーヴァント」を通して、ブロックチェーンゲームの魅力を世の中に伝えていきます。中長期的にはプレイヤーがどのような「デジタル・アセット」を当たり前に持つようになり、どのような場で使うのか、また、どのような「デジタル・アセット」であれば持ちたいと思うのかなどについて考え、ゲーム以外も視野に入れて積極的に検討していきます。

  • 今までのご経験を教えて下さい


    (エンジニアマネージャー ジェイさん)

    ファーストキャリアからエンジニアだった訳ではなく、2004年に日本に来るまでは、韓国で英語の講師を務めていました。日本に来てから、日本語の勉強からはじめ、2006年にSIerに派遣されたことがきっかけとなり、プログラミングをはじめとした技術領域に触れました。

    ゼロからのスタートでしたが、実業務での経験や独学で勉強したことで、1年後には設計といった上流工程にも関わることができました。
  • 入社の決め手になったことはなんですか?

    SIerでの経験を活かした職を探している中で、アクセルマーク社の求人を見つけ、実は、はじめはアルバイトとして入社しています。入社後はブラウザゲームを中心に携わり、しばらくしてから正社員として勤めるようになりました。

    正社員となる決め手となったのは、働いている人たちの人柄が良かったことや、チャレンジに対して寛容で、学べる環境が整っていると感じたことが大きいですね。

  • 入社後、どのようなことを行なわれていますか?

    当初はブラウザゲームやソーシャルゲーム(モバイルゲーム)を主に担当していましたが、現在はEthereum(イーサリアム)上で実行可能なプログラム言語であるSolidityやjavaScript、PHPなどを用いて開発している「コントラクト サーヴァント」における開発の管理やブロックチェーン及びコンセンサスアルゴリズムに関する調査・研究を任されています。

    もともと、海外のテクノロジー情報をチェックしており、その中でもブロックチェーンについて関心を持っていました。たまたま代表の尾下(尾下順治 社長)とこのことについて話す機会があり、ブロックチェーンの可能性について伝えると、まずは情報収集ということで、海外のカンファレンスなどに参加させてもらえるようになりました。このような経緯もあり、当社初となるDApp「コントラクト サーヴァント」の開発管理などに携わっています。

  • どんな人と一緒に働きたいですか?

    今、アクセルマークは、世界的にも最先端の領域におけるプロダクトを開発しています。ブロックチェーンに関する知識やプログラミングをはじめとした実務経験も重要ですが、未知の領域に対してチャレンジできる人や、海外の最新情報を自らキャッチアップできる人、クリエイティブなマインドを持っている人と一緒に働きたいですね。

  • 求職者へのメッセージをお願いします

    当社のブロックチェーン領域には、実務経験が豊富で、責任感が強く、アクセルマークらしさを熟知したスタッフが揃っています。このチームにプラスアルファを加え、新たな化学反応を起こせる人を探しています!

    クリエイティブな発想を活かしたい、ブロックチェーンをはじめとした未知の領域にも積極的にチャレンジしていきたいと、思われている方はぜひ応募してください!

この企業が掲載中の求人情報

  • ()

もっと見る

企業情報

アクセルマーク株式会社

「楽しい」で世界をつなぐ―をミッションにかかげ、3つの事業領域で新たな価値を生み出すべくサービス開発を進めています。

■広告事業
自社開発の広告配信システムを媒介として、クライアントとメディア双方にとって最適なプロモーションを行なったり、 広告運用ノウハウを活かした新サービス展開を進めるなど、事業拡大を見据え、より一層のサービス向上に取り組んでいます。

■ゲーム事業
各ゲームタイトルでチームを結成し、サービスの企画から設計・開発・運用まで、ユーザーの反応を分析し、最適な技術開発、サービス設計を追求しています。

■and Experience事業
多様なコンテンツ・タレントのファンに対して特別な「体験」を提供し、それぞれの愛着や熱狂の支援を推進し、より深い関係の構築を目指していきます。

企業情報
代表者名 代表取締役社長 尾下 順治
担当者名 採用担当
担当者役職
会社設立日 1994年3月
従業員数 108人
平均年齢 32歳
電話番号 -
FAX番号 -
ホームページ https://www.axelmark.co.jp/
営業内容
取り扱い内容
【種別】ブロックチェーンゲーム関係/【業界】ソフトウェア・通信
このエントリーをはてなブックマークに追加