企業インタビュー

株式会社TECHFUND

インタビュー日時:2018/10/30

「最先端領域「ブロックチェーン」で、新しい技術を次々と導入」

『起業家をメジャーな職業にする!』と言うビジョンの元、2014年に立ち上がったTECHNOLOGY ACCELERATORのTECHFUND。ブロックチェーンという最先端領域にとどまることなく、最先端の技術によってスタートアップを支援しているプロフェッショナル集団です。

  • 株式会社TECHFUNDはどんな企業ですか?

    TECHFUNDは、『起業家をメジャーな職業にする!』と言うビジョンの元、2014年10月9日(テックの日)に立ち上がったTECHNOLOGY ACCELERATORです。お金の代わりに技術を投資する「技術投資」によってスタートアップを支援する世界初の技術投資ファンドとして活動を開始しました。実際に200チーム程メンタリングを実施し、6チームに投資を実行しています。スタートアップの支援を続ける中で、大企業からも新規事業を作りたいといった相談を受けるようになり、アクセラレータープログラムのノウハウを提供。
    現在はブロックチェーンアプリケーション開発を加速させるクラウドサービス「ACCEL BaaS」によってスタートアップを支援、2018年10月よりICOアクセラレータープログラムを始動しています。

  • 株式会社TECHFUNDで学べることや働きがいとは?

    最先端の技術やビジネスに対して、自ら考え解決策を作っていけることです。
    世界でも最先端の事業(ICOやSTO)を展開しており、こうしたビジネスに会社の一員として携わることができます。ICOやSTOを実施する企業やプロジェクトにジョインする選択肢もありますが、私たちのようにアクセラレータとして、国内外さまざまな企業やプロジェクトのビジネスや技術を支援することも面白いと考えています。

  • 株式会社TECHFUNDの今後のビジョンは?

    ビジョンは創業以来、『起業家をメジャーな職業にする!』ことです。起業したいけど周りに止められていた方々、資金調達がうまくいかなかった方々などに対して、私たちが”技術”を提供して課題を解決していきたいと考えています。結果として、起業家になりたいという方が増えていくことが目標です。日本は失敗に対して寛容でないこともあり、起業となるとダウンサイドリスクを気にしてしまいますが、そこをできる限りサポートしていきたいですね。

  • 今までのご経験を教えて下さい


    (CTO 早川ジャガー裕太さん)
    大学・大学院では人工知能に関わる分野で、自然言語処理、機械学習、画像認識、データマイニングなどをやっていました。学部時代の研究テーマが「常識の自動構築」というもので、人間にあって機械にない「暗黙知」に注目し、自動で収集して学習するシステムを開発していました。卒業後は楽天に入社し、新サービス開発を3年間担当。その後TECHFUNDに入社しています。
  • 入社の決め手になったことはなんですか?

    元々TECHFUNDの経営陣と知り合いの知り合いでして、facebookで事業がシェアされていたのをきっかけに興味を持ち、関わるようになりました。TECHFUNDのスタートアップ支援というビジョンに共感したのと、新しい分野に挑戦したいという気持ちが強くなり入社を決めました。
    楽天のような大企業からスタートアップに転職することは、一般的に不安があるものですが、入社前に事業を手伝っていたこともあり、スムーズに入社に至ることができました。

  • 入社後、どのようなことを行なわれていますか?

    1年半前に入社しまして、人工知能によって導き出したスタートアップの与信スコア「ACCEL SCORE(アクセルスコア)」を軸とした信用格付システム、ICOトークン分析システム、今年リリースしたブロックチェーンプロジェクトを支援する「ACCEL BaaS(Blockchain as a Service)」の開発などを担当しています。
    CTOになったのは最近ですが、元々開発の方向性や人材の選定などを決める立場にいたので、仕事内容自体は変わっていません。ただ、海外の支援先プロジェクトとのやり取りなど対外的な場に出ることも多くなっていたので、役職が付いたことでさまざまな交渉事がスムーズに運ぶようになりました。

  • どんな人と一緒に働きたいですか?

    ポジティブな方がいいですね。後は建設的に新しいことを考えられる方です。新しい技術やビジネスと向き合わなければならないので、否定から入るのではなく、「どうやったら解決できるのか」、「この課題に対してどのようにアプローチするか」などを一緒に考えられる方と働きたいと思います。

  • 求職者へのメッセージをお願いします

    日本では、ICO・STOの負の側面がクローズアップされがちですが、そうした情報に惑わされることなく、ランチやオフィス見学などを通じて気軽に飛び込んできてほしいなと思います。また、面接していきなり採用というよりは、数ヶ月間一緒に働いて頂き、入社するか判断頂くことを推奨しています。お互いギャップのない形で気持ちよく働けるといいですね。

この企業が掲載中の求人情報

  • ()

もっと見る

企業情報

株式会社TECHFUND

TECHFUNDは、『起業家をメジャーな職業にする!』と言うビジョンの元、2014年10月9日(テックの日)に立ち上がったTECHNOLOGY ACCELERATOR。お金の代わりに技術を投資する「技術投資」によってスタートアップを支援する世界初の技術投資ファンドとして活動を開始。現在はブロックチェーンアプリケーション開発を加速させるクラウドサービス「ACCEL BaaS」によってスタートアップを支援、10月よりICOアクセラレータープログラムを始動。投資先はトータルで15億円以上のICOを実施済み。

企業情報
代表者名 川原ぴいすけ、松山雄太
担当者名 松山 雄太
担当者役職 Co-founder, CEO
会社設立日 2014年10月9日
従業員数 10人
平均年齢 未登録
電話番号 03-6407-9645
FAX番号 -
ホームページ http://techfund.jp/
営業内容
取り扱い内容
【種別】ブロックチェーン開発関係
このエントリーをはてなブックマークに追加